地下浅層(地下10数mから200m深程度まで)は夏には気温より低温で、冬には気温より高温です。この温度差を冷房や暖房に活かすことができます。福岡市のアンランドシティで浅層地中熱利用システムを実際に構築し、最適な利用システムの研究を行います。


夏期の熱の流れ(左)と冬期の熱の流れ(右)


地下構造調査(電気探査)



同軸熱交換器の設置



地中温度の測定